Tokyo IoT ロゴマーク

展示会

ET&IoT technology 2019に出展しました。

2019年11月25日

令和元年 11月20日(水)から22日(金)に、パシフィコ横浜で開催された「ET&IoT technology 2019」に出展しました。同展は、スマート社会を実現するエッジテクノロジー総合展です。IoTの新潮流であるエッジコンピューティングをいち早くキャッチアップし、コア技術である"エッジテクノロジー"にフォーカスし、その最先端情報を一望できる展示会です。

iot2019_01.jpg

IoT開発セクターが取り組む「中小企業のIoT化支援事業」について、支援事業の活動紹介や共同研究による各種成果を展示、紹介しました。

iot2019_02.jpg

「中小企業のIoT化支援事業」の研究開発と人材支援を軸に、IoTを活用したシステムや商品開発の事業概要やサポート内容を紹介しました。
また、「IoT公募型共同研究」の具体的な研究内容をお話ししました。「環境モニタリングを用いた水質改善装置運用の最適化」や「健康まちなかウォークラリーシステム」など、様々な実証実験を実施していることを解説しました。

iot2019_03.jpg

IoT技術の具体的な活用例として、製造現場において人手で実施している計器メーターの巡回点検員が高齢化または人員不足であるといった課題を解決する、「画像解析を用いて設備監視を効率化」の研究内容や成果を紹介しました。

iot2019_04.jpg

その他の活用例として、「IoT用 発電靴本底」の開発及び商品化の紹介をしました。夜間作業や危険作業中の安全確保を目的に開発されている安全靴は、特性上、電池交換が困難で電源の確保が必要といった課題を、電子機器組み込み技術と大学との共同研究による圧迫素子を使用した発電機構との組み合わせで解決するといった開発内容や成果を解説しました。

iot2019_05.jpg

プレゼンテーションコーナーにおいては、共同研究の成果を各企業さんから発表しました。研究開発時の困難や将来への期待など含め成果を熱く語られました。
IoT開発セクターでは、「中小企業のIoT化支援」を全力で支援しております。IoT技術の導入にご関心をお持ちの企業様は、お気軽にお問い合わせください。